blog-headder(sky).jpg
2017/11

<< November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    こ、これはいけるんじゃないか?!

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス


      このあいだ、久しぶりに更新したブログで
      「自分はアーティストであり、会社員だ」
      って書いていたのをもんもんと思い返して

      !!!

      と閃いたから
      思わず読んでいた本をしおりも挿まずに閉じて
      ipodでこれを書いています



      何頁まで読んだっけな…


      まぁ 取り合えずそれは置いておいて

      何を閃いたのか。
      ってことです( ´ ▽ ` )ノ


      1、会社員
      2、歌手

      問題
      それぞれの共通点は?


      これが閃きのヒント…

      さて何でしょうか?
      答えは色々あると思いますが、
      信田学はこんな風に考えました

      ■違いとは
      会社員は…企業という組織の一員として
      多くの場合知的労働によって、または肉体労働によって
      対象となる顧客、及び社会に対し(企業という媒体を通し)
      価値あるサービスを提供することを目的に働く人達。

      ※一概に全員に当てはまるとも言えないのですが
      ここではそう定義させて下さいm(._.)m

      歌手とは…企業という組織に属す場合も
      個人事業主のような立場の場合もあるけども、
      歌という媒体を用いて、対象となる顧客、及び社会に対し
      価値あるサービスを提供することを目的に活動する人達。

      ※同じくこれも難しく、そして当てはまるとも言えない定義な感もありますが、
      とりあえずここではそう定義させて下さいm(._.)m


      つまるところ、
      共通点は「必ず対象とする顧客がいること」
      そして「顧客に価値のあるサービスを提供することを目的とすること」

      だと思うのです。

      舞台が会社なのかステージなのか
      サービスを生み出す手段が歌なのか他の何かなのか

      そんな違いなんじゃないのか?!と( ´ ▽ ` )ノ


      ってことは
      毎日読んでるこのビジネス書諸君の中には
      当然ながら歌に共通して使えるエッセンスがめちゃくちゃに
      沢山ちりばめられているんじゃないか?!


      まぁ 仮説なんですが
      遠からず近からずのような気がしています

      ということで
      これからは、そういうことも踏まえて
      気付き的なことも書いていけるといいなと
      思ったわけです☆

      ちなみにいま読んでいる本は
      「P.F.ドラッガー著 マネジメント 原理と原則」
      です

      ………

      とりあえずビジネスでも歌にも使える
      エッセンスを見つけるぞー!!

      というひらめきでした(笑)


      スポンサーサイト

      0

         


        comment









        trackback